ブログ

ブログ詳細

荻窪南口まんまる鍼灸整骨院流冷え症の予防


こんばんは、荻窪南口まんまる鍼灸整骨院です。

 

今日は冷えについてお話させて頂こうと思います。

 

まず、冷え症の原因からご説明致します。

 

冬場にある程度手先や足先が冷たくなるのは、当然のことです。ところが外気温によって冷やされるだけではなく、手足の先がかなり温まりにくく、日常的に冷えているような感覚があるを冷え症と呼びます。

 

夏なのに身体が冷えている感じがしたりするのも冷え症の一つです。身体の中から冷えるため、少し身体を動かしただけでは改善されません。

 

冷え症は、本来はたらくべき体温調節機能がうまく機能していない状態であり、主な原因として、次のようなことが考えられています。

 

自律神経の乱れ
ストレスや不規則な生活などにより、体温調節の命令を出す自律神経がうまく機能しなくなります。また、常に室内の空調が効いていると、室内外の温度差が激しくなるため、自律神経の機能が乱れ身体が反応出来なくなります。こうして、夏でも冷え症になるのです。

 

皮膚感覚の乱れ

神経痛などにより起こる感覚異常。

 

血液循環の悪化
貧血、低血圧や血管系などの疾患がある方は、血流が滞りがちになります。

 

筋肉の量が少ない
女性は男性に比べて筋肉量が少ないため、筋肉運動による発熱や血流量が少ないことも、女性に冷え症が多い原因の一つと考えられています。また、女性だけではなく、運動不足の方も総じて筋肉量が少ないため、冷えやすくなります。

 

女性ホルモンの乱れ
ストレスが多かったり、更年期になったりすると、女性の心身をコントロールする女性ホルモンの分泌が乱れ、血行の悪化などを招くことがあります。

 

今日は冷え症の原因をご説明させて頂きました。

 

後日、日常生活、ご自宅で出来る荻窪南口まんまる鍼灸整骨院流予防法をお教えいたします。

まんまる鍼灸整骨院

住所 〒167-0051 杉並区荻窪4丁目13ー16 光荻窪マンション1階
アクセス JR荻窪駅南口より 徒歩 3分
営業時間 平日:10:00~12:30、15:00~21:00
     土日:9:00~13:00、16:00~19:30
休業日 木曜・祝日休み
当店facebookはこちら
http://on.fb.me/1M85YGC
  • facebook
  • twitter
  • mixi